山歩きを始めた。

山歩きを始めた。長く続けられそうなので、ログとして書き残すことにする。

<キッカケ>

子供の保育園で「○○○登山隊」というイベントがあり、家族で参加したところ、面白かったから。ただ歩いているだけなんだけれども、面白かった。自分で書いていて「は?」と思うけど、実際そうなんだから仕方がない。

この時の「登山隊」は京都東山トレイルの伏見稲荷〜豊国廟までを歩いていた。

<始めるまで>

オクサンに、山登りが思いのほか楽しかったこと、今度一人で東山トレイルの続きを歩いてみようと思っている事を伝えると、山歩き用の衣服を揃えるための軍資金を出してくれた。自分でよく考えて装備を揃えるように、とのこと。ありがとうオクサン。

調べ始めると、いろいろと出るわ出るわ。どのメーカーの何を買えばイイのかさっぱりわからない状況。イイように考えれば、RPGの装備を悩むようなヤキモキ感。「ちょっと頑張って戦士にドラゴンキラー買ったろかなー、どーしよかなー」みたいな。

<始まった>

山を歩くのは楽しい。一人で歩くと、もっと楽しい。街中を歩くよりも数百倍楽しいと思う。いや、京都御苑を黙々と走るのも楽しそうだ(走れたらだけど)。

まず雑音がない。自分の荒い息と落ち葉を踏む音だけしかしない。それが素敵だ。たまにトレランをしている人にあったりするが、少し興ざめする。でも仕方がない。

ただ、トレイルの設定上、市街地を抜けたりするのだが、その時は著しく興ざめする。な~んにも楽しくない。山道を歩きたいんだ。哲学の道なんか歩きたくないんだ。あのトレイルの設定は何とかなっただろ。妙な色気出すんじゃないよ。

山道を一人で歩き続けているときは、じわじわと楽しくなってくる。アドレナリンがドバドバ出るような「おほぉーっ」て感じの楽しさではない。「んふー」という感じで楽しい。自分で書いてもよくわからない。

登りはシンドイ。でも、たまに何かスイッチが入って、シンドくない時がある。その時は楽しい。ただ、その後のダメージは深刻だったりする。自分のペースが分かっていないので、アクセルベタ踏みで登っているのに気がついていない。下りはもっとシンドイ。膝がガクガクする。100キロ近いオッサンにとって、15分以上続くの下り坂というのは過酷すぎる。ダイエットを本気で考えるキッカケとしてはこの上ない。

総じて楽しい。

<これから>

まずは富士山制覇。

 

広告を非表示にする

風立ちぬ

我が家では、一応ジブリ作品(宮崎駿作品)が公開されれば、映画館で見るようにしている。オクサンと話し合って決めたわけではないのだが、公開されると何となく「見に行くよね」的な雰囲気が漂う。

というわけで、見て来ました。話題作。

 


風立ちぬ 劇場予告編4分 - YouTube

 

でも、ジブリで飛行機映画といえば「紅の豚」。コレは揺るがない。
ま、これは飛行機映画ではないのだけれど、、、。

話題になった庵野カントクの声も、気にならないどころか、凄くイイ。
「ただの棒読みじゃねーか」と言わせない何かがあった。
ただ、國村隼の声が一番素敵(完全に個人的な好みだけど)。

話としては、まったく救いのない話なんだけど、確かにグッと来るモノがある。
エンドロールで少し泣いた。年をとると、涙腺が緩むというのは本当みたいだ。

広告を非表示にする

アンコール!!

久しぶりに映画館で映画を見ることが出来た。
いや、映画を見ること自体が久しぶり。
とは言え、京都の映画館の上映スケジュールを見ても、なかなか見たいと思うような話題作もなく、消去法で選んだのがこの映画。


映画『アンコール!!』予告編 - YouTube

結果は大満足。とても良い映画でした。
ハンカチが必要なぐらいボロボロと泣いたのは、ニュー・シネマ・パラダイス以来です。

特に、合唱団のコンサートでおばあちゃんがある歌をソロで唄い上げる時は、非常に良かった。声を震わせながら唄うおばあちゃんの演技もすごかったし、選曲としてはこれ以上ないぐらいのチョイスで涙なしには見れないシーンでした。

そして映画のラストでおじいちゃんがソロで歌うシーン、コチラも負けず劣らず、非常に良かった。

とってもいい映画でした。

広告を非表示にする

空気人形

空気人形 [DVD]

空気人形 [DVD]

原作は読んだことがないけれど、どうやら漫画らしい。観ている間は、「山本直樹の原作かしら?」と思っていたが、どうも違うらしい。業田良家という人の原作で、「自虐の詩」なんかも書いている。

ぺ・ドゥナを全面に押し出した感じ。確かにかわいい。カット毎に受ける印象がコロコロ変わるので、おもしろい役者さんだなあと思う。意図してやっているのか、それとも素を出してみたカットを監督が選んだだけなのか。キネマ旬報の読者であるうちの奥さんによると、この作品で日本アカデミー賞の主演女優賞にノミネートされたとか。

ぺ・ドゥナの脇を固めていたのが、ARATAと板尾創路
ARATAは、「ピンポン」のスマイル役の印象が強すぎて、メガネをかけていないと誰だかわからないのは俺だけか?板尾は良い味出していた。

ただ、映画としては少し消化不良の感覚が残る。監督は是枝監督。グイグイ引っ張っていくような「マッチョ」な監督ではないし、原作もそんな風なモノではないのだろうと思う。ただ、もう少し起伏を付けても良いかなと思う。そろそろ、飽きられちゃうかもよ。

広告を非表示にする

フロスト×ニクソン

フロスト×ニクソン [DVD]

フロスト×ニクソン [DVD]


靴のお師匠さんのブログで、この映画について言及されていた。それとは別に、どこかの雑誌でそれなりに高い評価を得ていたのを覚えていたので、借りてみることに。

特にスクリーンで名を馳せた俳優が出演しているわけではないのに、クライマックスでは画面から目を離せないぐらいになった。派手な爆発があるわけでもない。アクの強い俳優の顔が画面一杯に大写しになるだけなのに、息をのんでしまう。インタビュアーのモミアゲが気になるのは確かだけれど、合衆国大統領とワイドショー司会者がソファーに座りながら繰り広げる「頭脳戦」の緊張感がビシビシ伝わってくる。

アメリカ映画では、法廷劇とマスコミ劇が一つのジャンルとして確立されているけども、日本でもそんな時代がくるのかしら。裁判員制度とかが導入されて、法廷は劇場化の流れに乗っているわけだから、それほど遠い将来ではないと思う。。

今の日本だと、

  • 木村拓哉の法廷劇
  • 福田前首相とみのもんたの対談番組

となる。

思いのほか遠い将来の話になりそうですね。

広告を非表示にする

覆面ダルホ~演歌の花道~

覆面ダルホ~演歌の花道~ [DVD]

覆面ダルホ~演歌の花道~ [DVD]


韓国滞在中、観客の年齢層が高めの歌番組が結構な割合で放送されていた(CSだからかな?)。日本で言うと、「演歌」ではなく「ムード歌謡」みたいな曲調(そう言えば、ムーディー勝山はどうしているのでしょうか)。奥さんに話を聞くと「トロット」と呼ばれるモノで、50歳以上のおじさん世代はコレを聞いて若い時代を過ごしたらしい。メロウな曲調からアップテンポの曲まであって、耳について離れない曲が多かった。日本人にとっては、K−POPと呼ばれるような曲よりも、インパクトが強いと思う。

日本に帰って、「トロット」について調べてみると、

韓国の旧来型大衆楽曲のうち、「ズンチャッチャ、ズンチャッチャ…」の3拍子ないし「ズンチャチャチャッチャ・ズンチャチャチャッチャ…」の4拍子を基本とするものをトロット(트로트)、「ンチャ・ンチャ…」の早い2拍子を基本とするものをポンチャック(뽕짝)と呼ぶ。

トロット - Wikipedia

でた、「ポンチャック」。学生時代、友人のF本君、I田君が熱狂していた、あの「イ・パクサ」の「ポンチャック」です。まさか、こんなルートで学生時代の思記憶を呼び覚まされるとは。

さて、映画についてですが、特筆すべき事柄はは何もありません。「演歌の花道」という日本の映画を韓国用に作り直したモノらしいです。観ていて飽きることはないですが、話の展開は予想通りの展開になり、観た後には何も残りません。疲れた日に、甘いものを食べながら見るのが良いでしょう。

サバティカル終了

いろいろあって、ブログを書くのが滞っていました。と言いたいところであるが、別に何もなかったというのが本当のところ。

4月からサラリーマンに復帰。またシステム屋。
都合一年間、仕事をしていないので就職活動は大変だろうなと思っていたけど、意外とあっさりと採用が決まり、今は銀座に通う毎日。会社のシステムにホトホト困り果てている方がいたら、ご連絡を。


あと、靴の学校にも通い始めた。
http://www.mogeworkshop.com/
毎週日曜日、日曜日の朝10時から夜10時まで。


意外とあるじゃないか、オレ。

広告を非表示にする