大統領の理髪師

大統領の理髪師 [DVD]

大統領の理髪師 [DVD]


これもソン・ガンホが出演しているという理由でレンタル。ソン・ガンホは日本においても、もっと評価されるべきだと思うのだが、どうなんだろう。
軍事政権下のお父さん役。少し間の抜けた役ではあるが、ソン・ガンホにバッチリハマる。シリアスな役どころも良いが、このあたりの役が彼の真骨頂だと思う。タイトル通り、大統領の理髪師になってしまい、色んな出来事に巻き込まれていく。笑わせたり泣かせたりと、エンタテイメントとしての映画に必要な要素は一つも外さずに押さえてある。監督はこの作品でデビューを飾り、脚本も書いているらしい。これから活躍するのではないかしら。
韓国の人たちにとっては、あの時代は歴史の暗部になるのだろうが、それをコメディの題材として扱えるのは少し羨ましい気がする。日本が戦争をテーマにした映画を作ると、間違いなくお涙頂戴物の映画になるから。それとは違う一面が必ずあったはずなのに、胸を張ってそれをテーマとして扱うことができない。同じような映画を撮れる日が日本にも来ればいいなと思うが。北野武あたりが問答無用で公開してくれればいいのに。
あと、南極日誌は大ハズレだったということに、この映画を観てから気がついた。あの映画は酷い。

広告を非表示にする